芸能

ジャニーズの支援物資がJALで堂々到着!一体どこから?

ジャニーズ事務所がマスク50万枚、防護服3万3000着を医療機関に寄付するというニュースが話題になっていますね。ですが、市場にマスクが出回らなくなって久しいのに、いったいどこからそれだけの量の支援物資を手に入れたのでしょうか…?

もしかして買い占め?強力な関係者とのパイプのおかげ?少し掘り下げて調査してみました!

成田空港に防護服1万枚到着!

成田空港に防護服を乗せたJALの貨物便が到着し、相葉雅紀さんがその模様を紹介したことでジャニーズ事務所の支援が話題になっています。

ジャニーズ事務所が行う社会貢献・支援活動「Smile Up! Project」の一環として、医療従事者に支援物資を届ける活動に日本航空(JAL)が賛同し、無償で輸送に協力。ジャニーズが調達した防護服(隔離服)1万着を積んだ貨物便が2日午後7時30分すぎ、中国・北京から成田空港に到着した。

中スポ

防護服1万着は、なんと段ボール400箱分!!しかも、JALは今回、ジャニーズ事務所の医療従事者への支援に賛同し、無償で輸送に協力したそうです。確かに、このような支援に対してはお金は取りにくいですが、ただでさえ航空業界も今大変なときに、支援に協力するとは、JALにも頭が下がる思いです。

どこから入手?買い占め?

これだけ大量の防護服やマスクをどこから入手したのかという点については、今回の防護服のようにまずは中国から入手したということがわかります。医療用マスク30万枚も中国から入手するとの報道がされています。

こんなに防護服、マスク不足なのに、そんなに簡単に中国から手に入れられるのか…!と驚いてしまいますが、どうやら、中国の生産工場から直接仕入れているみたいですね。さらに、抗菌マスク20万枚は国内のアパレル工場で新規生産したものを医療機関に届けるということも言われています。詳しい記事はこちらを参照してください。

いずれも、中国でも国内でも大人気で、かつ強いコネクションを持っているジャニーズ事務所だからこそ成しえる技なのかもしれません。支援物資が医療機関に渡るのであれば、買い占められてもいいように思いますね。

そもそもSmile Up! Projectとは?

今回、ジャニーズ事務所の「Smile Up! Project」として支援物資が送られるわけですが、そもそもどんなプロジェクトがご存じでしょうか?ジャニーズ事務所のホームページでは、

  • 幅広い社会貢献・支援活動を行っていく

と書かれていました。もう少し説明を読んでみると、

日頃のご支援・ご声援への感謝をどのような形で皆様に恩返しできるのか、本業であるエンターテイメントの活動と共に皆様が笑顔になるために継続的にお役に立てることはないかと検討を重ねてまいりました。過去にも阪神淡路大震災の際にJ-FRIENDS、東日本大震災の際にはMarching Jと支援活動を行って参りましたが、今後も幅広く、継続的にジャニーズグループとして社会貢献活動を行っていくにあたりプロジェクトを立ち上げましたことをここにご報告申し上げます。

Johnny & Associates

と説明されています。特に記憶に新しいところでは、東日本大震災のときに「Marching J」という支援活動が話題になりましたが、震災時という限定されたときではなく、今後継続的な社会貢献活動として「Smile Up! Project」を立ち上げたようですね。

今回コロナウイルス対策で話題になっていますが、決して新型コロナウイルス対策だけのための支援活動ではないとも言えます。その貢献度たるや素晴らしいものがあります。

まとめ

ジャニーズの支援物資がどこからきたのか、掘り下げて調べてみました。

  • 防護服1万枚は中国の生産工場から入手
  • 医療用マスクも同じく中国の生産工場から入手
  • 抗菌マスクは国内のアパレル工場で新規生産したものを入手

ということがわかりました。そしてそもそも、

  • 「Smile Up! Project」は、新型コロナウイルス対策の支援活動ではなく、継続的な社会貢献活動として立ち上げられたプロジェクト

ということもわかりましたね。近頃は、どうしてもネガティブなニュースばかりで気分は落ち込みがちになってしまいますが、支援の輪が広がっていることを知ると、少しほっとしませんか?どうか、この事態が早く収まりますように。